産科入院

当院では患者さまに安全で快適な出産をしていただくために 院長以下日々努力をしております。

自然分娩を第一としています

長年周産期医療を専門としていた経験より、自然に経過を見ることの大切さを理解し実践しています。2名の常勤医師と総勢9名の経験豊富な助産師スタッフが、陣痛開始や破水などで入院した時から出産する瞬間まで、皆様のお産をしっかりサポートさせていただきます。また産後の経過や授乳なども心をこめてケアさせていただきます。

万が一ではなく、10万に1のリスクに対応していきます。

出産に関して発生する母子のリスクには、常勤医師2名が全力を尽くして診療にあたります。さらに地域の総合病院などとの連携により対応して、母子の安全のため最善の努力をします。予定帝王切開の際には、浜松医科大学産婦人科家庭医療学講座 特任教授の杉村 基先生に手術のお手伝いをしていただき、安全で確実な手術を行っています。

麻酔科との連携

当院での帝王切開手術はほぼ90%は、麻酔科専門医が麻酔を担当しています。手術中の痛みを軽減し、全身管理をしていただくことにより、安全で快適な手術を受けて いただくようにしています。

小児科との連携

静岡済生会総合病院小児科より、小児科専門医が週2回、回診にきていただいています。ベビーの状態を診察していただき、異常がないかチエックしています。

母子同室について

当院では、
★母乳栄養早期確立
★育児技術をスムーズに習得できる
という目的のもと、24時間赤ちゃんとお母さんが一緒に過ごす母子同室を取り入れています。

入院時の持ち物

ご準備いただくもの
母子手帳・診察券・印鑑・問診票 フェイスタオル2~3枚(病院からも毎日1枚ご用意いたします)
バスタオル1枚(病院からも毎日1枚ご用意いたします) 生理用ナプキン(夜用)1袋
産褥用ショーツ2~3枚(生理用ショーツでも代用可) 授乳用ブラジャー
ベビー退院時の着替え一式 洗面道具(歯ブラシ・洗顔用石鹸・コップなど)
スリッパ ティッシュ1箱(病院でもご用意いたします)
曲がるストロー(寝ながらでも水分補給できるようなもの) 置時計
靴を入れるビニール袋 紙おむつ10~20枚
おしりふき1パック 洗濯用洗剤(洗濯機はあります)
ガーゼのハンカチ(足りない場合があるため)
当院でご用意させていただくもの
Lナプキン5枚 Mナプキン20枚 母乳パット2箱
クリーンコットン1箱 処置セット1セット 乳帯1枚
産褥用ショーツ1枚 Babyおしり拭き1袋 ガーゼのハンカチ5枚
紙おむつ(36枚入り)1袋 病衣・バスタオル・フェイスタオル1日1組 病衣・バスタオル・フェイスタオル1日1組

※シャンプー・コンディショナー・ボディソープなどは、シャワー室に置いてあります。
※ドライヤーは、共同洗面所に置いてあります。