料金について

分娩費用について

分娩に関する費用は、正常分娩と帝王切開で異なります。正常分娩の場合は基本自費診療負担となりますが、帝王切開の場合は保険診療による負担が適用されます。
正常分娩の場合は、分娩の時間帯・入院日数によって多少異なりますが、約46万円から52万円くらいとなっています。なおこの金額については、医療状況によって若干の変動があります。また帝王切開の場合にはこれより少し費用がかかりますが、高額療養費制度の対象となりますので、実質的な負担は正常分娩の場合とさほど変わりません。

出産育児一時金の直接支払制度について

出産育児一時金は、これまで出産後にご本人が健康保険組合に申請を行い、約1カ月後に支払いを受けていましたが、現在は分娩する医療機関との間で、事前に合意書を取り交わしておくことで、健康保険から医療機関に一時金が直接支払われるという「直接支払制度」が導入されており、出産退院時には窓口で差額だけを支払えば良いということになっています。
産後5日間入院の正常分娩の場合、退院時の差額精算額は4万円から10万円程度です。

不妊治療外来

なかなか妊娠できないけれど、体外受精まではまだ・・・、と
お悩みの患者様を丁寧に、相談・診察いたします。
詳しくはこちら